汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所


成功判定の章「肉体的な行動」より。

投げる(THROWING) B337P/2B17P

 両手で持ち上げることができる物(BL×8以内)なら、投げることもできます。投げようとする物を持っていない時には、1秒かそれ以上「準備」を選択して拾い上げなければなりません。詳しくは「物を持ち上げる、動かす」を参照してください。
 戦闘中に物を投げようと思った時には(それが攻撃を意図していようがいまいが)「攻撃」の行動を選択しなければなりません。片手で投げることができるのはBL×2kgまでです。さらに重い物は両手で投げなければなりません。狙った場所に命中するかどうかは、敏捷力-3判定で決めます。特に狙わずに、だいたいの方向だけ決めて投げ捨てるなら、敏捷力判定です。通常の目標のサイズ、速度と距離修正を適用します。

投げ距離表(Throwing Distance)

 計算でゲームが止まらないように、GMは特に問題がなければ何を投げさせてもかまいません。しかし、投げた正確な距離が必要な時には、次の手順を用いてください。

1:投げる物の重量(kg)をBLで割り、「重量比」を求めます。

2:投げ距離表を参照して該当する「重量比」の箇所を見ます。2つの数値の間になった時には、高い方の数値を用います。

3:その欄の「距離修正」をみます。

4:体力に距離修正を掛けたものが、その物を投げることができる距離(メートル)です。
投げ距離表
重量比距離修正重量比距離修正
0.053.52.00.30
0.102.52.50.25
0.152.03.00.20
0.201.54.00.15
0.251.25.00.12
0.301.16.00.10
0.401.07.00.09
0.500.88.00.08
0.750.79.00.07
1.00.6100.06
1.50.4120.05

例:あなたの体力は12で、BLは14です。60kgある味方を2mの幅の落とし穴の向こうまで投げなければなりません。まず60kgを14で割ると4.3弱になります。これは4.0と5.0の中間なので重量比5.0の欄を見ます。距離修正は0.12です。これを体力をかけると、0.12×12≒1.4mです。おっと! 仲間の体は落とし穴の底に落ちてしまいました。

投げた物のダメージ(Damage From Thrown Objects)

 投げた物は体力に応じた「突き」ダメージを与えます(ダメージ表参照)。以下の表で記されているように、重さによって修正があります。ダメージは普通「叩き」です。ただしGMは、それが鋭い物体であれば、切り刺し貫通体のダメージであることにしてもかまいません。壊れやすい物(あるいは、投げられたキャラクター)は与えたのとほぼ同じダメージを受けます。しかしダメージを決めるサイコロは物と目標で別に振ります。
投げダメージ表
重量ダメージ
BL÷8まで突き、サイコロごとに-2
BL÷4まで突き、サイコロごとに-1
BL÷2まで突き
BLまで突き、サイコロごとに+1
BL×2まで突き
BL×4まで突き、サイコロごとに-1/2(端数切り捨て)
BL×8まで突き、サイコロごとに-1

例:あなたの体力は28です。BLは28×28÷10≒78kgで、突きダメージは3D-1です。あなたは25kgのセメント袋を投げて命中させました。これはBL÷4(19.5)とBL÷2(39)の中間です。上の表でBL÷2までの欄を見ると、ダメージは突きそのままです。3D-1のダメージを与えます。

<投げ>と<投器術>技能(Throwing Skill and Throwing Art)

 掌で扱える大きさの物を――例えば、瓶や岩や手榴弾を――目標や漠然とした範囲に投げる時には<投げ>技能を用いることができます。加えて、<投げ>を敏捷力+1のレベル習得していれば、飛距離を計算する時の体力に+1することができます。敏捷力+2以上のレベルで習得していれば、体力を+2して計算できます。
 もし<投器術>技能を習得していれば、どんなものでも<投げる>ことができます。命中したかどうか技能判定を行なってください。敏捷力レベルで習得していれば、飛距離を計算する時の体力に+1することができます。さらに突きのダメージがサイコロあたり+1されます。敏捷力+1以上のレベルで習得していれば、これらのボーナスは+2になります。

手投げ武器(Thrown Weapons)

 上記のルールは岩、人体、テレビ……その他「武器以外のすべて」を投げる時のルールです。武器を投げる場合は、以下の3点が異なります。

1:手投げ武器を命中させる時には<武器投げ>技能を使用します。敏捷力や<投げ>技能を使うことはできません(ただし<投器術>は手投げ武器にも適用します)。

2:手投げ武器の多くは流線型であったり、安定して飛翔するため、通常の物よりもっと遠くまで届きます。一方、投げ方次第で「有効射程」がより短くなるものもあります。例えば、あなたは上記のルールよりもずっと遠くまで、投げナイフを投げることはできるでしょう。しかし、先端を命中させ、充分なダメージを与えることができる距離は、それよりもずっと短くなります。

3:手投げ武器のほとんどには、敵に衝撃を与えるための鋭い尖端や刃、打撃部位などがあります。そのためほとんどの場合において、上記のルールよりも多くのダメージを与えます。

「さらなる努力」に関して

 「さらなる努力」を使用する場合は以下の処理を行ないます。

 増えた体力ダメージと飛距離の両方に影響します。しかし、投げることができるかどうかを判断する際の荷重基本値には影響しません。そうするためには、持ち上げるためのに別の「さらなる努力」を試みてください。<投げ><投器術>のボーナスは「さらなる努力」を行なった後に適用します。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます