汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第11章「戦闘の章」のより。

戦闘中にとるその他の行動(OTHER ACTIONS IN COMBAT) B361P/2B41P

 戦闘しているものと言えども、攻撃移動以外の行動は行えます。肉体的な行動には、通常「準備」の戦闘行動が必要です。一方、精神的な行動には「集中」行動が必要です。

武器や他の道具を準備する(Readying Weapons and Other Gear)

武器や他の道具を準備する(Readying Weapons and Other Gear)
 "準備された(ready)"品物というのは、手に持って行動する用意ができているもののことです。ホルスター、鞘、ポケット、ベルト、袋、床やテーブルの上……等の品物は"非準備状態(unready)"です。
 一般にベルト・ポケット・鞘・ホルスター・背中に下げている品物を準備状態にするためには、1回の「準備」が必要です。
 もしあなたが立ち止まっているなら、机の上・壁掛け……などの品物が手の届く範囲(ふつう1メートル)内にあれば、1回の「準備」行動でそれらの品物を準備できます。
 1回の準備行動で、あなたは自分が手に持っている品物を誰かに手渡すことができます。相手はあなたの手が届く範囲(人間の場合1メートル)にいなければなりません。そして受け取るためには、相手も自分のターンに「準備」を選び、二人とも立ち止まっていなければなりません。2つの品物を同時に交換することができない点に注意してください。品物を1つ受け渡すごとに、それに関わる者全員が「準備」行動を選択したことになります(これらのルールは戦闘中であることを忘れないでください。二人の人が町中を歩いている時には、品物を交換することは可能です)。
 いくつかルール捕捉があります。
地面に落ちているものを拾う:Picking something
 腕の長さが2メートルもあるのでない限り、拾うためには膝立ち這い座り伏せ状態のいずれかでなければなりません。直立状態なら、まず「姿勢変更」で膝立ちになるか座り状態になります。
武器を準備する:Readying a weapon
 手に持っていて準備状態武器でしか攻撃受けはできません。武器によっては攻撃する度に「準備」しなければならないものもあります! 例えば準備状態のポールアックスを振った後には、準備し直さなければなりません。その勢いで体勢が崩れてしまうからです。武器を使った後に準備が必要なのかどうかは、第8章「装備?」を見てください。
武器を再装填する:Reloading a weapon
 再装填には連続した準備行動が必要な場合があります。何秒の準備が必要であるかは、武器表?の弾数の後ろに括弧書きされています。
例えば、ロングボウ?は2秒の準備が必要です。
1:矢を矢筒から引き抜く。
2:引き抜いた矢を弓につがえる。
の2つの行動がいるので、2秒の時間がかかります。3秒目に狙いをつけるか発射することができます。
盾やクロークの準備:Readying a shield or cloak
 クロークが地面に落ちていたり、背中に背負っていたりする場合には、防御ボーナスと同じだけのターン数かけて準備しなければなりません。クロークを背中にしまう場合も同じだけの時間がかかります。ただしを腕から外すだけなら1秒です(自由行動ではありません!)。準備に関わるルールの上では、バックラーはではなく武器として扱います。
長い動作:Long actions
 多くの肉体行動(例:肉体的な行動)には2秒以上かかります。戦闘中にそうした行動をとるためには、終わるまでずっと準備を選ばなければなりません。これは何か特定の戦闘行動ではなく、「長い動作」の内の1秒ぶんをあらわしています。「長い動作」に何ターン必要かは、そえぞれGMが決定します。下記の「長い動作の例」を見てください。途中で中断して、他の行動をとっても問題のない動作(例えば、踏み台にするために岩を積む)もありますし、中断するわけにはいかない動作(儀式魔法のように)もあります。もし後者が中断させられた場合、その行動は初めからやり直さなければなりません。
 「長い動作」をする場合、プレイヤーはその秒数を数えておいて、行動宣言の時にはっきりと告げるべきです。例えば銃を再装填する場合、初めのターンには「銃に弾を込めます――1秒目」、次のターンには「銃に弾を込めます――2秒目、そして完了」といったように宣言すべきでしょう。こうすればGMや他のプレイヤーも、あなたが何をやっているか把握できます。

長い動作の例(Typical Long Actions)

 よくある「長い動作」の時間については下記の表を見てください。この間、毎秒準備を選択しなければなりません。ここに挙げた時間は現実的なものですが、プレイヤーの妨げになるかもしれません――例えば、キャラクターがバックパックの中を引っ掻き回したりする必要がある場合などです。GMはもしドラマとして重要だと考えたなら、PCに敏捷力知力判定を行なわせて、成功すれば数秒間これを縮めることを認めてかまいません。その代わり失敗すると何らかの問題が発生します(例えば、バックパックを落として中身をばらまいてしまう、など)。
行動時間
片手で重い物(BL×2まで)を拾い上げる2秒
両手で重い物(BL×8まで)を拾い上げる4秒
鍵のかかっていない箱、書類カバン、宝箱、扉などを開ける1秒
箱や書類カバンや袋などに納められた品物を見つける(隠されていなければ)2D秒
自分のポケットの中の品物を見つける1D秒
短いメモをとる1文あたり5秒
短いメモを読む1文あたり2秒
錠剤や水薬を飲む2秒
マッチ、煙草、導火線、ろうそく、松明などに火をつける2秒
武器を鞘に納める、小さな品物をポケットに納める2秒
無抵抗の相手の身体検査を行なう1分
鎧を身につける(宇宙服やバトルスーツなら部品あたり30秒)3秒

コラム:武器はいつ準備するのか?(When Is a Weapon Ready?)


 武器は手に持っていて、攻撃準備が整えば「準備状態」になります。武器を鞘から抜いて構えるには1ターンかかります(例外もあります。<準備>技能の項を見てください)。以下にいくつか特殊なルールを挙げておきます。
持ち方を変える:Changing Grips
 ほとんどの武器は、攻撃範囲を1メートルから2メートル、2メートルから3メートル――あるいはその逆――に変えるのに、余分に1ターンかかります。構えていない武器は、その前にどのような使い方をしていたかに関わらず、どの攻撃範囲に構え直すこともできます。これは「準備」行動の一部です。
バランスの悪い武器:Unbalanced Weapons
 大きくて扱いにくい武器の一部には、攻撃に使うとその勢いによって構えがずれてしまうものがあります。使用するのに必要な体力の1.5倍の体力がない限り、そうした武器攻撃に使用すると非準備状態になってしまいます。再び使う前には「準備」行動をとらなければなりません。もし転倒したり、体のバランスを失ったり、朦朧状態になったりすると、こうした武器非準備状態になります。
ホルスターに納める:Holstering
 ピストルをホルスターに納めるには1ターンかかります。
鞘に納める:Scabbarding
 武器を鞘やベルトの輪に戻すには2ターンかかります。

関連

第11章:戦闘(COMBAT) B322P/2B22P
戦闘(COMBAT)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます