汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版B247P

超能力と魔法 B247P

 魔法超能力は全く同じ効果を持つものも数多くあります。例えば傷の治療などです。しかしこれらは異なる存在です。魔法を感知できる呪文で超能力をあばくことはできませんし、超能力を無力化するドラッグは魔法には影響しません。超能力は強力で独特な有利な特徴です――例え超能力の才能がなくても使えます。一方、魔法は個別の技能(呪文)として学習しなければなりません。
 しかし、純粋に物理的・精神的な効果を与える場合、魔法超能力はお互いに影響し合ったり、打ち消し合ったりします。サイコキネシスで創られたものでも、火は火であって、水の魔法を使えば消すことができます。魔術師が《読心》の呪文を唱えた場合、テレパシーの「精神防壁」で抵抗することが可能です。

どちらが優れているのか?

 魔法は様々な効果に分かれています。しかも低いCPで習えます。平均的な魔法使いと超能力者を比べれば、魔法使いの呪文の数の方が、超能力者の超能力の数より多いはずです。
 では魔法の方が優れているのでしょうか? そうとも言い切れません。呪文の詠唱にはエネルギーと時間が必要です。一方で超能力には動作は必要ありませんし、マナのレベルにも依存しません。拘束されて猿轡をはめられた状況やマナの存在しない場所でも超能力は機能します。
 結局、どちらにも長所があり欠点があります――ですから、超能力魔法の両方を極めた者を倒すのは困難です!



関連

  • 有利な特徴 (Advantage)
  • GURPS第3版日本語版
    • [ガープス・サイオニクス (GURPS Psionics)
  • GURPS第4版原書
    • GURPS Powers
    • GURPS Psionic Powers
    • GURPS Psionic Campaign
    • GURPS Psis

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます