汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

思いつきで作った種族なので、色々調整が必要です。あくまで魔化アイテム市場相場の裏付け設定としての種族なので、NPC向けです。

モチーフBGM

マギスレイヴ(Magislave)とは

 マギスレイヴとは魔法の儀式を行なうための“生きた電池”として酷使される奉仕種族です。かつてはどこかの神に仕える巫女的性質を持っていた美しい妖精だったようです。
彼女らの聖地とは、魔術工房に適した良質の霊脈がある場所や、何かしらの神格の霊験あらたかな場所です。

 この種族は魔法アイテム価格市場の辻褄を合わせるための“奴隷的な”魔化師です。
 主に「マナ濃度:並以上」の世界で魔化作業を強制されています(異世界から連れて来られた可能性もあります)。この種族は魔術的に契約した主人がおり、その命令が無ければ真価を発揮できません。しかし条件が揃えば(魔法用FPが110もあれば)、必要エネルギー100点(1回切り用の《一時魔化》なら約666点)の魔化儀式を単独で行え、さらにその成果物を自分で《魔法分析》できます! 
なお、《エネルギー回復》が15レベルだと、ER100点回復に500分(8時間20分)かかります。これはFPとは別に並行して回復します。
 いずれにしても、主人らは彼女に対して絶対命令権を持ち、容易く苦痛や死を与えることができます。また、彼女らは主人の命令に対して「極めて強い習慣性のある中毒」を持たされています。

出典

出典

出典

出典

目次

種族固有の有利な特徴

「マギスレイヴ基本セット」[ 40cp ]

「マギスレイヴ基本セット」[ 40cp ]……種族テンプレート
 CP総計はだいたい冒険者PCと同程度か一般的な魔化師並(75〜150cp)を想定しています。

有利性質 [ 271 cp]

不利性質 [-231 cp]

 この種族テンプレートの時点で、呪文を19種、20cp分習得しており、「4つの精霊系呪文から呪文を各1種習得」「異なる10系統から呪文を各1種習得」などの条件をすでに満たしています。

出典

出典

出典

「魔術的教養」[10cp/L]

「魔術的教養」[10cp/L]……精神的特徴超常的特徴
 前提条件:「魔法の素質 L0以上」

 呪文を含め魔法技能のレベルを決定する際、この特徴が1レベルある度に、「魔法の素質」が1レベルあるかのように技能レベルを上昇させます。この特徴は魔法技能レベルを上昇させるという点においてのみ「魔法の素質」と同じです。が、当然ながら「魔法の素質」それそのものではありません。魔法技能以外において「魔法の素質」が機能する局面(例えばマナが変化したことを感知する際)でも、この特徴は恩恵を与えることはなく、呪文の威力や前提条件において「魔法の素質」や追加能力値として機能させることもできません。 
 GMは背景世界によってはこの特徴を取得するために、「魔術的教養」1レベルごとに追加の「特殊な背景」[1cp〜10cp/L]を要求することもできます。また、「魔法の素質」と同様の特別修正をこの特徴に適用させることもできます。
 またGMはこの特徴を魔法訓練によって積み重ねられた経験として扱うことができ、後天的にあなたに取得させることができます。

出典

「タリー回復促進」[5cp/L]

GURPS Thaumatologyの追加特徴(NEW ADVANTAGES) p.78 の「Rapid Magical Recovery」(和訳するなら「迅速な魔法的回復」または「高速魔力回復」)に由来。
「THRESHOLD-LIMITED MAGIC」専用の有利な特徴でタリー(Tally)の回復率のみに影響します。そもそも「THRESHOLD-LIMITED MAGIC」ではFPHPも使用できません(もちろんそれに準ずるERVRも)

「タリー回復促進」[5cp/L]……精神的特徴/肉体的特徴超常的特徴

 この特徴が1レベルある度に、そのキャンペーンにおけるあなたのタリー回復率を元々のものより25%増加させます。(標準的なタリー(Tally)回復率は1日に8点ですので、一般的にはレベルごとに1日の回復量に+2されます)。GMは、より細かく区別するために、「1レベルのコストを1cpにして、レベルごとに魔力回復量+5%」のバージョンを許可する場合があります。

原書表記


出典

「魔力高速回復」[50cpで1L、以降+5cp/L]

「魔力高速回復」[50cpで1L、以降+5cp/L](最大9L)……精神的特徴/肉体的特徴超常的特徴
前提条件:「魔法の素質 1L以上」

 あなたは、FPと「ER/魔法」の回復量が10分に「レベル+1」点になります。マナが「疎」の地域では、回復量は半分になり、マナが「なし」では効果がなくなります。
 これは、<呼吸法>や《エネルギー回復》等と重複しません。最も効率が良いものが適用されます。
※1レベル[50cp]で取得した場合で、《エネルギー回復》15レベルと同じです。4レベル[65cp]で取得すると大体《エネルギー回復》20レベル(「疎」のときの回復量が4分に1点となるため《エネルギー回復》より少し上)です。
 パワー15の《エネルギー回復》の魔法の品物が40cp、パワー20なら120cpであることを考えるとだいぶ安いですが、普通の魔術師は自分で《エネルギー回復》を覚えた方が安上がりでしょう。

この特徴は「ER」にも記載がある「HP再生」の応用・再定義です。


出典

出典

以下は「HP再生」の応用・再定義にさらに修正限定値-80%)を施した特殊バリエーションです。
「妖精の沐浴」[ 40cp ]
「沐浴」(もくよく)は体を水で洗い潔めること。宗教的な儀式を指すことが多い。
「妖精の沐浴」[ 40cp ]……肉体的特徴超常的特徴

 あなたは、マナ濃度が「疎」以上の環境下で水浴び(入浴でもシャワーでも可)を行なっている最中は、休憩による魔力(FPと「ER/魔法」)が2秒につき1点回復します。マナ濃度が「並」以上なら回復量は1秒につき1点です。これは、<呼吸法>や《エネルギー回復》等と重複しません。最も効率が良いものが適用されます。
 この効果を使用するには入浴前に1分間「集中」行動を伴う入浴準備が必要で、準備後即座に入浴しなければなりません。これは祈りや脱衣や専用の服装になる・魔力を展開するなどといった、マギスレイヴ文化における儀式や作法です。地域によって差異がありますが、詳細はGMが判断します。
 効果の持続時間は最長12時間か1泊です。それを過ぎればこの特徴は強制シャットダウンし、5分間再起動できません。
 効果発動中は、回復していることがハッキリと可視化したようなエフェクトが発生し、それは時に輝く泡や“謎の光”のような象(かたち)をとります。誰かに魔力や光を察知されるかもしれません。例えば、あなたが夜の静かな湖でこの特徴を使用していると、たまたま近くを通りかかった旅人が光や魔力につられてフラフラと近付いてくるかも知れないのです。
 この特徴は、あなたが「恋人または契約した主人」以外の異性に入浴を見られることで強制中断します。ここから再起動するにはまた1分間の入浴準備が必要です。

この特徴は以下の性質を組み合わせたものです。


 出典

 出典

「アイテムボックス」[ 54cp ]

アイテムボックス?」[ 54cp ]……精神的特徴超常的特徴

 魔法的亜空間ポケットに無生物を時間停止状態で収納します。触れた物を念じるだけで収納でき、念じただけで望む物を手中にあるいはすぐ目の前に取り出せます。亜空間ポケット内では時間が経過せず、格納した瞬間の状態で取り出すことができます。
収納行程を攻撃的に使う場合、攻撃範囲Cの白兵攻撃として扱います(「受け」には使えません)。
 この特徴は「ペイロード L5」と連動させた不老効果付与の「特殊効果」のバリエーションであり、「ペイロード 1L」につき「HP×HP×0.03」リットルまで収納可能となります。
例えば、「ペイロード L5」であなたがHP10なら、15リットル、HP9なら12.15リットル、HP8なら9.6リットルです(なお、水は1リットル=1キログラムです)。

特徴の内訳は以下のものです


出典

「複合魔法規則/種別」

複合魔法規則?/種別」[ 10cp ]……精神的特徴超常的特徴

 この特徴の効果は魔法に関する複数の「規則追加」を統合したものです。「特殊な背景」の1種とも扱われます。内訳の詳細はGMと相談して決定してください。

出典

種族固有の特典

 特典取得に関しての注意。
  • マギスレイヴは種族テンプレート内ですでに呪文に20cp支払っています。よって、種族固有の特典 (特に「魔法系特典」)用の枠をすでに2つ分持っていると扱います。

出典

「基準能力値代用/種別」†[1cp]

基準能力値代用知力基準の<○○>)」[1cp]……技能系特典要専門化特典

以下の技能1種類を専門に指定した、「基準能力値代用知力基準の<○○>)」を取得できます。

だれも、4つを超える「基準能力値代用特典を持つことはできない点に注意してください。

出典

 以下は「基準能力値代用」が拡大解釈された特殊なバリエーションです。マギスレイヴは「基準能力値代用」のリストの意志力を基準にした技能及び<伝統療法/マギスレイヴ式><錬金術><草木秘伝>に用いることはできますが、それ以外に使う際はGMの許可が必要です。
「魔法技能化(種別)」†[1cp]
魔法技能化?(種別)」[1cp]……魔法系特典技能系特典要専門化特典
 前提条件:「魔法の素質 1L以上」かつ魔法と親和性の高い種族であること(例えば、生理機能にマナ依存の要素があるなど)。

 基本的に「基準能力値代用知力基準の<○○>)」と同じですが、ささいで疑似的な魔法として扱われるようになります。これにより該当技能は基準能力値が「知力魔法の素質」になりますが、マナ濃度が低いことによるペナルティを受けるようになります。マナ濃度が「疎」なら技能レベルに-5、「なし」なら技能そのものが使えません。
 また、該当技能は、核心部分が魔力依存になるため、"元々の技能"とは別物として扱われます(技能に修正を与える特徴からの影響に関してはGMが判断してください)。これは技能なし値の繋がりにも影響します(該当技能の技能なし値先の技能テクニックもまた魔力依存のものになりますし、それらを技能なし値で使用するためには別の「魔法技能化」が必要です)。

採用の際の警告


出典

「安定化技能(種別)」†[1cp]

安定化技能(<伝統療法/マギスレイヴ式>、治癒系呪文)」[1cp]……魔法系特典要専門化特典
 前提条件:<伝統療法/マギスレイヴ式>のレベルが15以上。

 あなたが<伝統療法/マギスレイヴ式>を技能レベルが15以上で修得していれば、治癒系呪文呪文の判定でファンブル失敗しても、普通の失敗として扱います(同じ目標に1日に2回以上かけた場合は除く)。

出典

「手頃な歪み」‡ [1cp/L]

掲示板『「特典」についての意見交換』の14-15のやりとり「都合のよい歪み」で生まれたオリジナル特典。
手頃な歪み?」‡ [1cp/L]……魔法系特典レベル制特典

 あなたは「パワーストーン?」(やマナストーン?などの亜種)を入手できる機会において、自分にとって害にならない“歪み”持つパワーストーン?と巡り合えます。“歪み”により、その価格は-50%されています。しかもあなたは、都合よくその“歪み”の弊害の対象外です。“害のない歪み(危険はないとか面白いといった方向性のもの)”の詳細はGMと相談して決めてください。そのパワーストーン?を入手した時か初めて使用する時などに特定してください。あくまで特典レベルなので、有利に働く“歪み”は避けるべきでしょう(許容される最も有利なものでも、「結果的に使える者が味方ぐらいしかいない」程度の恩恵です)。最終決定権はGMにあります。
 また、“歪み”のせいで安く購入できるということは、そのパワーストーン?を売却する時や他者に委ねる際にも支障が出るということです。
 あなたはこの特典1レベルにつき、「都合のよい歪みのパワーストーン?」を1つ購入・所持できます。それをアイテムのロンダリングなどして特典許容量を超えた個数扱った場合、この効果で巡り合ったパワーストーン?は失われます。プレイヤーがこの特典を濫用するようであれば、GMはそれらのパワーストーン?に「濫用者をお仕置きするような“歪み”」を新たに生じさせてもかまいません。

出典

「魔導体」†‡ [1cp]

『Pyramid #3/66: The Laws of Magic』 p.12の「Object Channel」と「Eldritch Conduit」に由来。仕様をやや調整。
魔導体?/種別」†‡ [1cp/L]……魔法系特典要専門化特典レベル制特典

 この特典は特定クラスのアイテム(例:すべての台所用品)または特定クラスの武器(例:<ブロードソード>技能で使用されるすべての武器)に専門化してください。
あなたが所有する専門対象の物品は、この特典のレベル1つにつき1個、あなたの魔法の媒介にできます。
対象物を複数所持している場合、一度にレベル個分まで、魔法の伝導体として“通電”させられます(どれを媒介とするかは効果使用時に決めます)。“通電”やその切り替えには「準備」行動が必要です(一度確立できれば、再び切り替えるまで永続的に維持できます)。
あなたは媒介物を使って接触を必要とする呪文を届けたり、それをの延長物として射撃呪文?をそこから発射することができます。
これは、通常の《魔法の杖》ルールに代わるものです。
 GMはこの特典の専門対象を自由に制限することができます。例えば、「魔導体?」の専門を(「杖同調」とバランスを保つために)「あなたが持つ銘刻に対応する専用アイテムのみ」に制限することができます。

原書表記:『Pyramid #3/66: The Laws of Magic』 p.12「Object Channel‡」

原書表記:「Eldritch Conduit」


出典

その他の魔法系特典

 マギスレイヴはGMが許可する限り、どのような魔法系特典も種族(自身の流派)の特典として取得できます。ただし、マギスレイヴは被差別種族なので社会的な特典には制限が加わることでしょう。

種族固有の技能

 種族固有の技能に費やしたCPは、種族固有の特典の枠数(特に10cpにつき魔法系特典の枠+1)に影響を与えます。

<伝統療法/マギスレイヴ式>

<伝統療法/マギスレイヴ式>(知覚力/難)……技能
 前提条件:「魔法技能化?(<伝統療法/マギスレイヴ式>)」

 マギスレイヴ固有の魔力を用いる治療方法です。これは魔法的な技能であり、必ず「魔法技能化?」と組みあわせて取得しなければなりません(よってこの技能の基準能力値は、ただしくは「知力+魔法の素質」になります)。
治療の間、あなたは目標に接触して魔力を流し込み続ける必要があります。
また、あなたはTL8に対応した<応急処置>と同じ効果(「応急処置ルール」参照。治療にかかる時間も同じ)を道具なしで使用することができます。この時、必要治療時間に「毒の潜伏期間」と同じようにサイズ修正の影響を受けます。これによる不利な修正は、(傷口そのものがあなたより巨大でない限り)患部付近に触れて魔力を流せられれば生じません。
回復量を(サイコロ等で)決めれた際、回復量1点につき、あなたは消費魔力として1FP消費します。ここでの「回復量」とは回復の結果(例えば「高いHPと回復」ルールによる増加分込み)ではなく“基本の”回復量を指していることに注意してください。
 GMの許可があれば、この技能の効果は通常の物理的な治療と重複させることができます(同じ傷に対して2度<応急処置>を施せるようなものです)。この場合、後発の応急処置の回復量から「止血による1HP回復」の分が削られます。

出典

出典

出典

<草木秘伝>と<錬金術>

 <草木秘伝>(知力/至難)
 <錬金術>(知力/至難)

 マギスレイヴは「魔法技能化?」と組みあわせて取得できます。また、その「特殊な背景」により、教師を必要としません。

出典

出典

<霊力借用>

<霊力借用?>(知力/易)……技能
 前提条件:「魔法の素質 L0以上」かつ「支援霊ルール」が使える。

 これは魔法技能で、「魔法の素質」による技能ボーナスが適用できます(そしてマナ濃度の影響も受けます)。
 あなたは自分の支援霊に、呪文用エネルギーの肩代わりをしてもらいやすくなります(支援霊の主な利点は、呪文のエネルギーコストを、術者の<神秘学>か<魔法学>の技能レベルのいずれか高い方の最大3倍まで削減できることです)。<霊力借用?>の技能レベルは、この時参照される<神秘学>か<魔法学>の技能レベルより高い場合、それらの技能レベルに代用することができます。<霊力借用?>はこのため(支援霊による呪文コスト削減量を決めるため)だけの技能です。

出典

種族固有のテクニック

 種族固有のテクニックに費やしたCPは、種族固有の特典の枠数(特に10cpにつき魔法系特典の枠+1)に影響を与えます。
 なお、ここで使われている用語「相殺する」は、誤訳である旧用語「買い戻す」と同じ概念(ペナルティなどを、指定された段階で打ち消していくこと)です。

戦闘用テクニック

 厳密には戦闘時用のテクニックでなくとも、戦闘技能を用いるものはここに含めます。
【狩猟用射撃/種別】(難)
オリジナルのテクニック
狩猟用射撃?/種別】(難)……テクニック
技能なし値射撃呪文?を発射するための技能(例えば<特殊攻撃/実体弾>や《呪文発射》)-4。
前提条件射撃呪文?が使用できること。
上限: 前提条件の技能レベル。

 このテクニックは「射撃呪文?を発射する技能」(<特殊攻撃/実体弾>や《呪文発射》など)によって専門化しなければなりません。
 あなたは「食料捜索での射撃武器技能」の代わりに、このテクニックの専門分野の技能を使うことができます。また、食料捜索での「射撃武器技能への-4のペナルティ」も該当技能に適用されますが、それはこのテクニックで相殺します。なお、地域環境によるペナルティの相殺は扱っていません。用いた呪文によっては、仕留めた獲物はまるこげだったり、まみれになっていることもありえます。

出典

【ビーム収束】(難)
GURPS Supers? p.39の「Tight Beam」に由来。術者自身が出力調整できるビーム攻撃を扱う技能(例えばビーム攻撃の射撃呪文?を発射するための技能呪文)を扱う際は、技能なし値の<特殊攻撃/ビーム>をその技能に差し替えたものを修得できます。
ビーム収束?】(難)……テクニック
技能なし値:<特殊攻撃/ビーム>-2。
前提条件:<特殊攻撃/ビーム>
上限: 前提条件の技能レベル。

 あなたはビーム攻撃を収束させて、目標のより小さな面積に影響を与えることができます。 これによりビーム攻撃は、「叩き」から「貫通体」攻撃に変わり、収束ビームでない焼き攻撃が収束ビーム焼き攻撃に変わります。 他のタイプのビーム攻撃には影響しません。 敵の重要器官、小さなガラス窓、その他の乗り物の脆弱な部位を目標にすることができます。 このテクニックを修得するには、特典超特訓」(Unusual Training)を取得する必要があります。

原書表記 GURPS Supers? p.39より。


出典

非戦闘用テクニック

【思念的偽装】(難)
GURPS Supers? p.38「Camouflaged Mind Block」(偽装された精神防御)に由来。
思念的偽装?】(難)……テクニック
技能なし値:<精神防御>-4。
前提条件:<精神防御>
上限:<精神防御>技能レベル。

 <精神防御>は、非超能力者に読心されるのを防ぐ防御手段を提供します。しかし、標準的な読心への対策方法は、思考の繰り返しパターンであるため、あなたがそれを使用していることは、読心者にとって明らかです。
このテクニックは、あなたの自然な思考のように聞こえるように作られた意識の流れの散文のパターンを使用します。
標準の技能の即決勝負に勝った場合、あなたの本当の考えが明らかにならないだけでなく、「あなたが何かを隠していること」も明らかではありません。
使用するパターンは、1〜2分後に繰り返されます。 長時間のテレパシー的検査では、最初の1分後に-1で判定します。ただし、即決勝負がその修正のせいで負けた場合、明らかになるのは、<精神防御>が設定されていることだけです。 あなたの本当の考えはまだ隠されています。

原書表記


出典

【思念的暗号】(難)
GURPS Supers? p.38「Coded Thoughts」(コード化された考え)に由来。
思念的暗号?】(難)……テクニック
技能なし値:<精神防御>-6。
前提条件:<暗号学>と<精神防御>。
上限:<精神防御>技能レベル。

 これは<精神防御>の改造版です。あなたは思考や知識を別の象徴“コード”に変換できます。
例えば、メッセージを数字の文字列やメロディーに変えることができます。
コードは標準的な<精神防御>のように見えるため、これは何かを隠しているという事実を隠すことはできません。しかし、秘密をバリアの背後に隠す代わりに、バリアの一部にして分かりづらくします。
テレパシーが<精神防御>を突き抜ける際に、実際の秘密が最初に思い浮かぶことはありません。
読心者は、より“1層”深く調査するか、コードされた形式の思考を記憶してそれを解読する必要があります。

原書表記


出典

【思念的透明】(難)
GURPS Supers? p.38「No-Mind」(気にしない)に由来。
思念的透明?】(難)……テクニック
技能なし値:<精神防御>-5。
前提条件:<不可視>と<精神防御>。
上限:<不可視>技能レベル。

 <精神防御>技能の高度な発展形である【思念的透明?】は、<不可視>のように機能しますが、視覚ではなくテレパシーパワーに対抗します。

原書表記


出典

【推命術/種別】(難)
GURPS Horror? p.30の「True Tarot」に由来。「True Tarot」は「真のタロット」の意。元は<占い師/タロットカード>専用のテクニックで、他の占いの専門分野には、独自のバージョン(【真の鳥卜】【真の易経】【真の水晶占い】など)がある。ここではそれらの総称として「命運を推察する術」……【推命術】(すいめいじゅつ)とした。中国では「命学」「命理」などとも言われている。
推命術?/種別】(難)……テクニック
技能なし値知力-8。
前提条件:「未来予知」と<占い師/いずれか1種>
上限: <占い師/前提条件の占いの専門分野>の技能レベル。

 多くの予知者は、天啓に集中する際、無意識のうちに占い道具(水晶玉、ノコギリソウ、タロットカードなど)や事象・環境を読み取る方法(手相占いや鳥占いなど)に頼ります。
そのような“補助”を使った長期訓練と精神修行のおかげで、あなたはは自ら進んで「未来予知」を試みる際、(知力-8のペナルティをこのテクニックで相殺して)その成功率を上げることができます。
 このテクニックは「前提条件となる<占い師>技能の専門と同じもの」に専門化しなくてはなりません。

原書表記 GURPS Horror? p.30より。


出典

【模刻/種別】(並)
オリジナルのテクニック
模刻?/種別】(並)……テクニック
技能なし値:彫刻のように物の造形を整えるための技能(例えば<美術/彫刻>技能や《〜〜変化》呪文)-10。
前提条件:超常能力用のテクニックにするなら、その能力が使えること。
上限: 前提条件の技能レベル。

 このテクニックの主な用途は特定の素材(例えば粘土のような可塑性の物体)を本物そっくりの立体造形に整えるためのものです。一般的には<美術/彫刻>のためのテクニックです。魔法分野のテクニックとしては魔化系呪文の《偽物》や《ドッペルゲンガー》の作成に必要な「適当な《〜〜変化》か<美術/彫刻>技能の判定に-10の修正で成功しなければなりません」の修正を相殺するためのものです。
 このテクニックはそういった"整形"技能に専門化しなければなりません。また、技能だけでなく(【ものまね】のように)モデルを特定する必要があります。同一の人や物であっても、成長や老化、その他様々な要因でこのテクニックを学習した時点の外見的印象と差異がある時点にそっくりに作りたい場合、その差異に応じてペナルティを受けます。彩色に関しては専門の技能に着色工程が含まれていれば、色合いも出来る限り本物そっくりになります。
 GMが認める限り、ある程度のアレンジも可能です。

出典

【霊薬調合/(基準技能の種別)/(霊薬の種類)】(難)
 マギスレイヴは個々の霊薬の製造に設定された技能なし値を「難」テクニックとして相殺することができます。
そのテクニック技能なし値は製造欄にある<錬金術>の技能なし値を基準にしています。レベル上限は前提条件技能のレベルです。
この「テクニックには専門分野2段階あり、以下のように処理します。
  • 「基準技能の種別」は<錬金術>か<草木秘伝>かあるいはそれに相当する技能で別個に専門化が必要です。
  • 「霊薬の種類」は霊薬の種類によって個別に専門化が必要です(霊薬の形態は包括します)。

出典

【霊晶作成/(霊薬の種類)】(至難)
 マギスレイヴの中には「霊晶」(「錬金術のお守り」のこと)を作成できる者もいます。ただしそれは、錬金術師組合(ギルド)の支部長か組合長並の存在だけの秘密にされているような秘奥義です。
霊晶」の参照効果となる霊薬の種類によって専門化してください(霊薬の形態?は無関係です)。
このテクニックの難易度が「至難」であり、これは【霊薬調合?】と同様の技能なし値処理からさらにレベル-2された相場を用います。レベル上限は前提条件技能のレベルです。
GMが認めるなら、マギスレイヴは「技能適応/<草木秘伝>で<錬金術>同様に霊晶を作成できる」を取得することで、<草木秘伝>を技能なし値としてこのテクニックを修得することが可能になります。

出典

【アルカへスト調合】(難)
技能なし値:<錬金術>-5
上限: <錬金術>の技能レベル。

 アルカヘストを調合するための<錬金術>-5ペナルティを相殺するためのテクニックです。

出典

【アルカへスト手当】(難)
技能なし値:<錬金術>-5
上限: <錬金術>の技能レベル。

 飲みこんでしまったアルカヘストの手当を行なうための<錬金術>-5ペナルティを相殺するためのテクニックです。マギスレヴは魔法系特典手ぶら手当」を持っていれば、この治療に必要な錬金術の機材がなくても手当てできます。

出典

【錬金生物作成】†(難)
技能なし値:<錬金術>-10
上限: <錬金術>の技能レベル。

 「ホムンクルス」に代表される錬金生物の製造に必要な判定<錬金術>-10の技能なし値を相殺するためのテクニックです。生物の大別(ホムンクルスゴーレムキメラ?など)によって専門化しなくてはなりません。本来はホムンクルスの製造をテクニックにすることはできませんが、マギスレヴは奥義としてこれの取得が可能となります。

出典
【賢者の石作成】(難)
賢者の石作成?】(難)
技能なし値:<錬金術>-8
上限: <錬金術>の技能レベル。

 「賢者の石」の製造に必要な判定<錬金術>-8の技能なし値を相殺するためのテクニックです。

出典

種族固有の呪文

《幸運》

ガープス・ユエルのタマット独自の呪文《幸運》(魔法大全 p.224)に由来。
マギスレヴはこの呪文を『幸運』の霊薬を製造するための「霊薬暗記」に用いることができます。
 
《幸運》……特殊呪文?呪文操作系呪文

 特徴の「幸運」を一時的に与えます。効果を使うと、呪文効果は消えます。術者本人にしか効果がありません。1日に1度だけ使えます。「幸運」の特徴を持つキャラクターがこの呪文を使ったら、この《幸運》の効果は、特徴の「幸運」とは別に発揮されます。この呪文で得た「幸運」を《幸運分与》で他者に与えることはできません。
●持続:術者が「幸運」を使うまで ●消費:詠唱8 ●系統:呪文操作系呪文 ●前提条件:「魔法の素質 3L」、《祝福》 ●魔化:何でも。必要エネルギー1000。

出典

《幸運分与》

ガープス・ユエルのタマット独自の呪文《幸運分与》(魔法大全 p.224)に由来。
 
《幸運分与》……通常呪文?呪文操作系呪文

 術者が「幸運」の特徴を持っていた場合、それを他者に分け与えることができます。術者の「幸運」がなくなるわけではありませんが、呪文の効果がなくなるまでは術者が「幸運」を使えなくなります。
●持続:与えられた「幸運」を使うまで ●消費:詠唱1 ●系統:呪文操作系呪文 ●前提条件:《幸運》 ●魔化:何でも。必要エネルギー50。

出典

《レッサー・ゴーレム》

ゴーレム》(魔法大全 p.180)に由来。《ゴーレム》から永続的な活動力(「年をとらない」)を除き、短命にし、必要エネルギー下限を130Eではなく100E(CP総計-75cp)、上限を300E(CP総計25cp)にしたもの。
 
《レッサー・ゴーレム》……魔化呪文?魔化系呪文

 基本的に《ゴーレム》と同じですが、《レッサー・ゴーレム》は使い捨てを想定しており1年以上の寿命を持つことはありません。義務として種族テンプレートに短命を表現する要素を加えてください(特例として1回のみの登場キャラクターでも「死の秒読み」が取得可能です)。その代り、基本のゴーレムよりも幅広い変更を施せます。強力なゴーレムにはより強靭な(そして、より高い)材料が必要になり、ゴーレムの体の作成により多くの時間と費用がかかるかもしれません。“より弱い”ゴーレムにするならば、CP総計を0点未満にする場合、CPを1点減らすごとにエネルギー消費が2E下がります。ただし、最低でも《レッサー・ゴーレム》は100E必要です)。《レッサー・ゴーレム》はこの汎用性の許可を得て作成される《ゴーレム》です。なお、必要エネルギーに300E(ゴーレムのCP総計25cp)の上限と、短い寿命や特定状況で非常に脆くなる性質を義務として持たねばならなくなります。

●消費:250E以上。《レッサー・ゴーレム》は上限が300Eとなる。 ●系統:魔化系呪文 ●前提条件:《魔化》《土変化》《動く像》。ゴーレムの材質によっては、他の呪文が必要かもしれません(例えば、ウッド・ゴーレムなら《植物変化》、フレッシュ・ゴーレムなら《接合》)。

出典

《神聖加護》

ガープス・ユエルの追加魔法《神聖加護》(魔法大全 p.224)に由来。
 
《神聖加護》……特殊呪文?呪文操作系呪文

 何かの神聖な存在に、生涯をかけて仕えていると、この呪文を授かることがあります。
 術者は、未来や現在、過去の自分自身の一部を捧げて、神から奇跡を願います。自らの信じる神が司る範疇に入るなら、なんでもかまいません。GMは、その願いの内容に応じて、術者のCP総計を減らします。ちょっとした願いで-5cp、事件を完全に解決できそうな願いなら-15cp、死者の復活などなら-25cp以上必要です。有利な特徴を減らしても、不利な特徴を得るのでもかまいません。この呪文は、一度使うと、失ったCP総計を回復するまで使えません。
 この呪文は、持続時間は願い次第で、消費も準備も必要ありません。

出典

《呪文発射》(Lanch Spell)(至難)

第3版ガープス・コクーン p215の同名の呪文に由来。コクーンでは、射ち出せるのは、自分が真音魔術で作った射撃呪文?の弾だけですが、ここでは射撃呪文?すべてに適用範囲が広がっています。
なお、単一の射撃呪文?命中判定を効率化する方法としては、魔法系特典念式誘導」(Psychic Guidance?)があります(その射撃呪文?技能レベルで命中判定も可能になります)。

《呪文発射》(至難)……特殊呪文?呪文操作系呪文

 射撃呪文?を、術者が投射する代わりに、自律的にぶつからせる技術です。これにより、“呪文発射口”から目標へ射線が通ってさえいれば、術者の手足などの向きは関係なくなります。この呪文を知っていると、あなたが射撃呪文?命中判定を行なう際、この呪文技能レベルを<特殊攻撃>技能の代用として使用できます(この呪文自体を使用する必要はありません)。命中判定では、距離修正?正確さ狙いなどを含め、あらゆる意味で普通の射撃としてルールを適用します。
●持続:- ●消費:- ●系統:呪文操作系呪文 ●魔化:指輪、手袋、杖、錫杖、消費エネルギー500

出典

《貯蔵庫》(Storage Room)(至難)

《貯蔵庫》(至難)……特殊呪文?転送系呪文 

  術者は、合計で「技能レベル×技能レベル×0.15」リットルまでの無生物を収納できる貯蔵庫を得ます。貯蔵庫内では時間が経過せず、格納した瞬間の状態で取り出すことができます。
 出し入れの際には1秒の「集中」が必要です。貯蔵庫自体は異空間にあるため、術者がマナのないエリアに入っても内部の物体は影響は受けませんが、マナがない場合は貯蔵庫に通じる「門」を開くことができないため、貯蔵庫を利用することができません。
 術者の意志で取り出す場合、出現場所は「手元」か「隣接ヘクス」のいずれか選択することができます。
 《門制御》の呪文で無理やりこじ開けられる可能性があります。その際は、意志力で抵抗が可能です。

●持続時間:1時間 ●エネルギー消費:詠唱18・維持同じ ●準備時間:10秒 ●前提条件:《門作成》、《物体消失》、《一時停止》

※《門作成》で作成された「門」には《門制御》に対する抵抗力はありませんが、術者にくっついて移動する「門」ということで特別に術者の意志力で抵抗できることにしています。エネルギー消費に関しては、「限定的ER」などでカバーしてください。

※直接の前提条件呪文は3つですが、実際はかなり厳しめです。
 「魔法の素質 3L」、ものが見える、知力13以上、異なる10系統から各2種、などが含まれています。
 その他、下記25種の呪文の習得が必要です。(系統被りの他、このリストにある魔化系呪文は全て「異なる10系統から1種」をもつ《魔化》が起点になっているため、魔化系呪文を除いた10系統から各1種が必須)

出典

《電算機覚醒/TL》(Awaken Computer/TL)(至難)

GURPS Magic p.178より。原書にあれど魔法大全で欠落している呪文。
電算機覚醒?/TL》(至難)……通常呪文?技術系呪文13(機械系呪文13)

 《付喪神?》と同様に、この呪文はコンピュータの霊を目覚めさせ、意識と知恵を与えます。
コンピュータにすでに知性のあるプログラムが存在する場合、そのプログラムはこの呪文に抵抗する可能性があります。抵抗できない場合は、呪文の持続時間の間意識を失います。
 この呪文によって目覚めた霊は、コンピュータの複雑さ+5に等しい知力を持っています。
ホストのデータベース内の暗号化された情報を読み取ることはできませんが、ホストコンピュータのすべてのデータベースと周辺機器に完全にアクセスできます。ホストコンピュータを使用している他のコンピュータと同じように、ネットワークコンピュータにアクセスできます。コンピュータの霊はその知力レベルで<コンピュータ操作>と<コンピュータ・プログラミング>を持っています。それは術者の命令に忠実に従いますが、それ以外の場合は自由意志があります(また、コンピュータの霊はその性質に忠実で、腹立たしいほど言葉通りの思考方法をとることでしょう)。
 コンピュータの霊は、多くの場合、独自の奇妙な性格を持っています。
彼らは目覚めるたびに何が起こっていたのかを覚えています。未覚醒の時間は1種の睡眠状態であり、精神の器が存在しないことではありません。
 特定のコンピュータが最初の覚醒時にファンブルが発生した場合、その霊は害意持つ邪悪であり、術者やその他の者に危害を加えようとします。その霊にはホストの複雑さに等しい技能レベルの<コンピュータ・ハッキング>があります。他に理由が何もなくとも、単にできるからやったという理由だけで重要なデータを消去します。

持続時間:1時間
エネルギー消費:詠唱8・維持2
準備時間:10秒
前提条件:《動く像?》、《知恵?
魔化:普通に唱える場合の100倍の必要エネルギーでそのコンピュータを永久に目覚めることができます。

原書表記 GURPS Magic p.178


出典

奥義魔法:《消滅》(Annihilation)(至難)

GURPS Thaumatology: Magical Styles」のp.36 魔法流派「The Onyx Path」の独自呪文「Annihilation」に由来。
《消滅》(至難)……通常呪文?/生命力で抵抗。死霊系呪文肉体操作系呪文

 この呪文は即座にそして取り返しのつかないほど生き物を崩壊させます。
 対象が抵抗に失敗した場合、術者は呪文のエネルギーに応じて1dから4dを振り、合計を犠牲者の生命力HPのどちらか大きい方と比較します。サイコロの合計値が目標の値以上の場合、目標は完全に破壊されます。その際、彼が持っているものはすべて地面に落ちます。 なお、彼の魂は手つかずです――しかしこの呪いは肉体を消滅させます。
 そうでなければ、犠牲者は、まるで《死の手》の呪文で打たれたかのように、サイコロを振ったのと同値の負傷を負います。
 この呪文でのファンブル は、術者の生命力1点を永久に消費します!

●持続時間:呪文は一瞬持続します。 消滅は永続的です。
●消費:詠唱6E + 効果の1dつにつき2E(最大4d)。
●準備時間:3秒。
●前提条件:「魔法の素質 L3」、「奥義魔法/《消滅》」、および死霊系魔法流派の「階級 L5」の呪文(下記参照)から8つ。
《Ancient History》《ゴーレム》《Ruin》
《動く影》《ホムンクルス》《魂の壺》※
《退散》《Malefice》《容貌奪取》
悪霊呪縛》《死人の群れ》《技能奪取》
《霊体封印》《Pentagram》《若さ奪取》
《Gauntness》《Permanent Possession》《治癒力停止》
《Ghost Weapon》《悪霊祓い》《悪魔召喚
《Glimpse of Hell》《腐敗の死神》
※「呪文前提緩和/魂の壺」を持っている者はいつでも《魂の壺》を学ぶことができます。

原書表記


出典

奥義魔法:《地獄絵図》(Glimpse of Hell)(至難)

GURPS Thaumatology: Magical Styles」のp.36 魔法流派「The Onyx Path」の独自呪文「Glimpse of Hell」(地獄を垣間見る)に由来。
《地獄絵図》(至難)……通常呪文?/意志力-2で抵抗。死霊系呪文精神操作系呪文

 対象は、地獄の計り知れない恐怖と邪悪を一瞬垣間見たように扱われます。
一瞬、すべての死者の魂のすべての痛み、苦しみ、そして悲しみの集合が彼に訪れます。
これは正気の存在に負担をかけます!
対象が抵抗に失敗した場合、彼は、有利な特徴(「戦闘即応」、「恐怖を感じない」、「無感動」など)の恩恵を受けずに、また戦闘中であろうと、-5で即座に恐怖判定をしなければなりません。
通常の結果は失敗に当てはまりますが、この方法で獲得された永続的な精神的問題は必然的に地獄のように歪曲されたものとなります(なお、「フラッシュバック」が一般的です)。

●持続時間:一瞬。
●消費:4E。
●準備時間:2秒。
●前提条件:「奥義魔法/地獄絵図」と、および死霊系魔法流派の「階級 L4」の呪文(下記参照)から8つ。
《Affect Spirits》《Evisceration》《Soul Rider》
《Age》《Foul Water》《Steal Attribute》
《Astral Vision》《Gift of Letters》《Steal Vitality》
《Blight》《History》《Strike Barren》
《Cold》《Icy Touch》《Suspended Animation》
《Command Spirit》《Nightmare》《Turn Zombie》
《Control Zombie》《Pestilence》《Weaken Blood》
《Deathtouch》《Possession》《Wither Limb》
《Dehydrate》《Projection》《Wither Plant》
《Dry Spring》《Skull-Spirit》《Zombie》
《Ethereal Body》《Slow Healing》《Zombie Summoning》

原書表記


出典

奥義魔法:《地獄送り》(Rift to Hell)(至難)

GURPS Thaumatology: Magical Styles」のp.36 魔法流派「The Onyx Path」の独自呪文「Rift to Hell」に由来。
《地獄送り》(至難)……通常呪文?/意志力で抵抗。死霊系呪文転送系呪文

 対象の足下に燃えるような地割れ的・亜空間的亀裂が開きます――対象は固い表面(地面、床など)に立っている必要があります――そして、被害者は即座に地獄に引きずり込まれることに抵抗しなければなりません。彼は抵抗に失敗すると多くの煙と騒音を伴って地獄へと身体的に引きずり込まれます! 彼が持っているものはすべて彼と共に地獄に送られます。
地獄への経路は誰かが追うにはあまりにも速く開閉し、爆破された地面の継ぎはぎだけを残します。

 この呪文は《他者異次元移動》に似ていますが、戦闘を目的としているため、より速く、より安価です。その呪文とは異なり、術者は対象が地獄のどこに行き着くかを制御できず、裂け目の場所で唱えられた《呪い除去》で犠牲者を自分の存在面に戻すことができます(ただし、これが迅速に行われない限り、彼の精神的および肉体健康が損なわれる可能性があります)。

 地獄への裂け目は悪魔に影響を与える可能性があります。《退散》ほど手間はかかりませんが、良い考えとは言えません。

●持続時間:永続的、ただし《呪い除去》か、対象が地獄から逃げ出すのを除いて。
●消費:12E。
●前提条件:「奥義魔法/地獄送り」、および死霊系魔法流派の「階級 L6」(ほぼ最上位)の独自呪文として習得。

原書表記



奥義魔法:《消散》(Dissipate)(至難)

GURPS Thaumatology: Dungeon Magic?」のp.9 魔法流派「The Fluidists」の独自呪文「Dissipate」に由来。
要約すると、主に水分に依存する生物の肉体をドロドロに溶かす即死呪文。
《消散》(至難)……通常呪文?/生命力で抵抗。水霊系呪文風霊系呪文

 対象はが主に水か空気でできている存在の場合、構造的完全性を失い、溶けて粘体(主に水である場合)になるか、霧散(ガス状である場合)します。水を必要とする生物(人間、エルフ、トラ、木、菌類など)は、フレッシュゴーレム、風と水の精霊、腐敗したアンデッドと同様に、確実に影響を受けます。しかし地属性・火属性・金属の生物(いずれも非物質的なスピリットではありません)は間違いなく違います。 GMは不確定要素を解決します。例えば、彼は“ウェット・ナノテク”または“液体金属”で作られたロボットは影響を受けるが、古典的な金属人間は影響を受けないと判断するかもしれません。

 《消散》は、影響を受ける者にとって即死呪文に相当します。ただし、被害者の粘体または蒸気が早急に収集された場合、《呪い除去》でそれを元に戻すことができます(小さな痕跡ではだめです)。《(液体)変化》はここでは重要です。

●持続時間:《呪い除去》によって逆転されない限り、永続的。
●消費:12E。対象の一部だけでなく、対象全体に影響を与える必要があります。
●準備時間:2秒。
●前提条件:「魔法の素質 3L」、《肉体(液体)化》、《土を(液体)に》、および「奥義魔法/消散」。

原書表記


出典

奥義魔法:《透過性》(Infiltrate)(至難)

「Infiltrate」は「しみ込む、浸透する、潜入させる、浸潤」等の意味。呪文の効果は肉体含む遮蔽物に(術者のみを対象とした)透過性を与える効果なので《透過性》と意訳した。

透過性?》(至難) ……通常呪文?抵抗呪文?生命力

 多孔質の遮蔽物に「術者の身体を特定方向の離れた所まで“透過させる”性質」を与えます。相応しい対象はGMが決めますが、ありふれた木や石のドアや壁は適格です。この魔法は肉体にも作用し、巨大なモンスターに飲み込まれたとき、または格闘したときに脱出を可能にします(使うためにはジャスチャーが不要になるほど呪文レベルを高くするか、特典呪文動作不用」が必要でしょう)。生き物は、逃げようとするそのような試みに生命力で抵抗します。
魔法使いは障害物に触れて流れの方向を指定する必要がありますが、その先に何があるかを知る必要はありません。
成功とは、彼と最大3kgの衣類が即座に障壁を通り抜け、向こう側で再構成されることを意味します。他の所持品は取り残されます。

 修正:障害物の厚さ1メートルあたり-1。障害物の厚さが0.5メートル以下の場合、ペナルティはありません。
 GMはプレイヤーにペナルティを教えてはいけません! GMは単にその呪文が成功したかどうかを言うべきです。遮蔽物が非常に厚いためにペナルティが失敗を確約する場合(例えば、技能レベル13未満の魔法使いの場合は10メートル)、またはファンブルの場合、術者は一時的に“液化”し、1d点HP負傷する上、所有物はすべて地面に落ちます。

 いずれの場合も、術者は到着時に行動するために、<身体感覚>で判定する必要があります。

エネルギー消費:3
前提条件:《Body of Fluid》と「奥義魔法/透過性」


原書表記 GURPS Magic p.178




非人道的な試み

自動完全回復持ちから延々と生命力を奪い続ける例。
出典:ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
 古来よりエネルギーの高効率化は文明の進歩と不可分でした。ともなれば、効率性を追い求めるあまり、非人道的手段に走るマッドサイエンティストが物語に登場することは、王道的な展開です。
 以下は、エネルギー吸奪機構と組み合わせる“生体エネルギータンク”の一例です。隔離された環境で、複製された再生機能付きの生体タンクを並列処理し、生かさず殺さず生命エネルギーを吸い上げます。

仮称「弱き者、汝の名はザ・ウィーカーヴェセル(TheWeakerVessel)


出典
吸奪者と贄の2種のユニットからなります。
  • 吸奪者の主な性質は、贄を対象にした、「速射」等で攻撃回数を増やすか「宇宙パワー」で「一度に1人の被害者まで」ルールを免除した範囲型「吸奪」。
  • 贄の主な性質は、「複製」「HP再生/瞬時」「VRまたは追加HP」を組み合わせたもの。人材・設備を揃えるなら「複製」は不要。

下記は種族テンプレート案です。
贄(供給体)テンプレート
 回復するステータスや起源によって"供給体"としての性質は異なります。
例:
  • 供給対象が持つ専用の「防護点」(吸収)に対応する攻撃。
  • リソース系の能力。主に供給対象に「吸奪」させるためのもの。
  • リソース系の能力を「他人に影響」で供給対象に付与する。
  • リソース系の能力を専用の起源(例えば「生体ユニット」)の「中和」(「能力奪取」)で供給対象に丸ごと奪わせる。

最後が一番コストが安いであろうため、これを基本方針として以下を設計。
後から贄になる・解放されるシチュエーションも考慮すると――すぐに着脱できるように――なるべく0cpの特徴になるのが望ましい。

魔力供給体テンプレート[ 0cp ]


出典
↑出典:ファンタシースターオンライン2
↑出典:鋼鉄城のカバネリ
出典:新サクラ大戦↑出典: Re:CREATORS(レクリエイターズ)

このページへのコメント

>仮称「弱き者、汝の名はザ・ウィーカーヴェセル(TheWeakerVessel)」

 自分のものより精密な生体ユニット系の発想、感服いたします。
 このような生体ユニット/力の譲渡や搾取の設定に関しては、
堀越耕平〈僕のヒーローアカデミア〉
に出てくる個性能力『ワン・フォー・オール』や『オール・フォー・ワン』とかも参考になるやもしれません…。

0
Posted by あれ君 2020年10月19日(月) 03:27:05 返信

 出来れば生体ユニットの『供給体』に適した体質のヒロインのテンプレートも考案していただけませんでしょうか?
 容貌はできれば『魅力的』以上で…。

1
Posted by あれ君 2020年10月09日(金) 20:15:42 返信

 萌える奴隷系種族の設定ありがとうございます。 
 自分も応援しますが…『生体ユニット』同様に
R18推奨の設定にすべきなのでは、
とも思いますが…?

1
Posted by あれ君 2020年10月08日(木) 20:44:14 返信数(1) 返信

この種族だけではKENZENなので18禁にするほどではないと思います。
よくある“なろう系”の亜人奴隷少女の類です。

1
Posted by ヴぇry 2020年10月09日(金) 19:59:59

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます